多様な工程を集約
1台に3つのスピンドルを搭載。旋削加工から回転工具による穴あけまで多様な加工が可能で、1-1-1工程、1-1-2工程、1-2-2工程、1-2-3工程と自在に工程を構築できます。
段取り替えの省力化
走行型の搬送装置へ、主軸自体が移動してワークの受渡しをするセルフローディング構造。搬送装置にワーク反転機能をもたせ、工程間の反転装置を無くしました。チャック同士の受渡し回数を減らしチョコ停の原因を削減するとともに、段取り替え箇所も少なく、段取り工数も削減できます。
メンテナンス性と省スペースの追求
主軸を倒立させて機械前面に搭載。刃物台・スライドや搬送装置などの主要機構部分も機械前面に配置することにより、メンテナンス性と省スペースを追求しました。さらに主軸にはオイルミスト潤滑を採用し、高回転と長寿命を両立させました。
トータルコストダウンの提案
3つの主軸、刃物台を一つの加工室に集約。機械3台分の工程をこなす機械ながら、クーラントタンク、オイルコン、チップコンベア、ミストコレクタ等は、一台分で済みます。