高松機械工業株式会社

TAKAMAZ 50th Anniversary
English
サイトマップ
採用情報
製品情報 製品詳細 オレンジライン
XW-150
XW-150

工具取付本数の充実

メインタレット(12角)は中間割出機能により、24ポジションに工具取付を可能としました。さらに、サブタレットを搭載で最大36本の豊富なツーリング本数で、多品種少量生産における段取り換えなど、アイドルタイム短縮に貢献します。

大幅なサイクルタイムの短縮

サブ主軸による重畳加工および、メイン・サブ主軸同時加工により加工サイクルタイムの大幅な短縮を可能としました。

Σローダの搭載を実現

Yスライドのスラント角を30°にすることで、TAKAMAZコンパクトタイプローダを搭載可能としました。これまでにない、新たな自動化システムをご提案いたします。



           
項目 性能 単位
メインスピンドル サブスピンドル
チャックサイズ コレット、6 コレット、5 inch
主軸軸受内径 φ85 (100 Opt.) φ65 mm
主軸回転速度 Max5,000 (4,000 Opt.) Max5,000 min-1
刃物台形状 12角タレット、24ST  
最大移動量 X:150 Z:330 Y:±35 
X2:150 Z2:440
mm
早送り速度 X:18 Z:24 Y:12
X2:18 Z2:18
m/min
主軸モータ AC7.5 / 5.5 (AC11 / 7.5Opt.) AC5.5 / 3.7 kW
幅 × 奥行き 2,630×1,950 mm
コントローラ TAKAMAZ & FANUC 0i-TD  


レーザー加工で新たな付加価値を
自動車関連エネルギーの高効率化に伴い、インジェクタ装置の穴の微小化、ターボの小型化による異種材構成部品が増加し、レーザーによる加工メリットが大きくなってきています。TAKAMAZでは、レーザー加工装置の搭載によりCNC旋盤に新しい機能・価値を付加し、お客様にメリットのある機械を提供していきます。


加工精度の向上

多軸対向型2スピンドルCNC旋盤で部品を加工し、脱着することなく溶接することで、比較的ラフなはめあい精度でも同軸度の良い溶接ができます。また、溶かし込み溶接のため異材溶接も可能です。製品によっては溶接部の除去加工が不要な程、品位の高い溶接ができます。
laser_01

工具費の削減

レーザー加工装置の加工方法として、ピアッシング加工(穴あけ加工)があります。従来のドリル・エンドミルによる加工と異なり、工具摩耗及び損傷を防ぐことができるため、工具費の削減が可能となり、かつ安定加工が行えます。
laser_02

微細加工に対応

レーザー装置の性能にもよりますが、ドリル・エンドミルで加工できないφ0.1㎜前後の微小穴・狭い溝加工・微細加工を得意とします。