先輩社員の声

TOP > 先輩社員の声 > 窪田 実沙樹
Misaki Kubota窪田 実沙樹
業務部 営業技術課
金沢工業大学 工学部 機械工学科卒
Interview 1
これが私の仕事
営業担当を、技術面からサポートしています
「加工レイアウト」といって、営業担当がお客様から受けた「こんなものを加工したい」といったご依頼を、どの部分を加工するかや、かかる時間、自社のどの機械を使うかなど、条件や方法を考えて報告書にまとめます。大学で工業系の専攻をしていたので、自分の手でも加工したことのある経験を活かして、できるだけ実物を想定して実施するようにしています。
また、お客様からご依頼のあった加工を実際に実施してお見せしたり、加工した完成品を加工時のデータと一緒にお送りしたりする「切削テスト」という業務もあります。安全に一番に気をつけて、またお客様からの要望をすべて満たせるように心がけて一つ一つの加工を行っています。
Interview 2
だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の機転が営業の受注につながった
加工レイアウトでご依頼をいただいた案件で、お客様が2種類の機械のうちどちらの機械にするか迷っていたことがありました。片方は正確に削れるけれど価格が高いY軸の機械。もう片方は比較的低価格で大きさも小さく使いやすいが、切削の正確性がY軸より劣る心配のあったCS軸の機械でした。
お客様はできればCS軸の機械でできた方が良いだろうと思い、Y軸の機械で実施する予定だったところをショールームにあるCS軸の機械で試してみたのです。結果、CS軸の機械でも依頼された加工ができそうだということがわかり、その結果を営業担当に提出しました。
後日、そのおかげで無事受注が決まったそうで営業担当から感謝され、お客様からも喜んでいただけたようだったので、やってみて良かったと思いました。
Interview 3
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
工作機械メーカーで営業技術の仕事をしたかった
大学4年生で就職を考えたとき、一番に工作機械メーカーで働きたいと思いました。大学で加工の研究室に所属していたこともあり、学んだことを活かしたい思いがあったのです。
地元が富山県なのでその近辺のメーカーも何社か話を聞きましたがあまりピンと来ることがなく、その中で「デスクワークより、手を動かす仕事がしたい」という自分の思いもはっきりしてきました。
当社は大学で共同研究をしていたので知っており、詳しく説明を聞いた際の「稼ぐ機械、省スペースの小さな機械をつくる」という話にも共感しました。また、今いる部署の仕事内容を知って、ぜひその仕事をやりたいと思い、当社に入社を決めました。
Interview 4
これまでのキャリア
業務部 営業技術課 勤続4年目
Interview 5
先輩からの就職活動アドバイス!
自分自身の経験から言えることは、何社も受けるのは悪いことではありませんが、その分労力がかかります。自分の働くイメージが具体的に持てるところでないと、志望動機一つ書くのも大変ですし、面接でもあまり話せないことが多かったです。
一つだけ、これだけは譲れないという条件を決めること。また、自己分析をして客観的に向く仕事を捉えたり、ミスマッチのないようによく調べて、選考に臨むといいと思います。