先輩社員の声

TOP > 先輩社員の声 > 北川 与史郎
Yoshiro Kitagawa北川 与史郎
技術部 制御設計2課
福井大学 大学院 工学部 知能システム工学専攻卒
Interview 1
これが私の仕事
機械の電気部分の制御設計
電気回路図の設計からソフトウェアの設計まで機械の制御部分というのは、機械の使い勝手に大きく関わっています。
お客様の作業工程を想像したり実際に再現しながら、お客様が使いやすいように、使い勝手を考えながら動作を作成していきます。設計通りに動いた時には何とも言えない達成感があります。
また、その機械を使ったお客様よりお礼の言葉を頂いたり、機械のリピート注文を頂けたときは、仕事の励みになります。
Interview 2
だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード
上海の工作機械展示会で集客に成功
中国の関連会社に出向していた時に、1か月半後の展示会にロボットと機械の連結機を展示するという話になりました。
私は機械の電気設計担当として、設計だけでなく協力してくれる商社やロボットメーカーとの交渉も行い、また、最終工程であるソフト調整の時間を確保するために製造現場の進行度合い、部品納期管理など多方面に積極的に関わって調整しました。
1か月半という短い期間のなかで部品の選定~電気設計~製造工程確認、部品管理、組立後のソフト調整までをこなすことは容易ではありませんでしたが、無事に納期までに機械を完成し、展示会へ出展することができました。
展示会では狙い通り、多くの来場者の注目を集めることができ当社ブースは盛況でした。設計という仕事に対する自信と今後のモチベーションにすることが出来ました。
Interview 3
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
モノづくりの環境、社の雰囲気が自分に合っていると感じた
就職活動ではモノづくりに携わる会社をメインに探していました。その中でも地元に根付いた企業でありモノづくりの根幹である、工作機械を作っている高松機械工業に目がとまりました。
中小企業ということで社員数が多くない分、大企業にはない社員一人一人が実力を出しやすい社風があると感じ就職を決めました。
Interview 4
これまでのキャリア
製造部電気配線課(1年) → 技術部制御設計課(3年) → 中国関連会社出向(杭州友嘉高松机械有限公司)(2年半) → 技術部制御設計課(2016年より現職) 勤続10年目
Interview 5
先輩からの就職活動アドバイス!
地元企業で本社からの異動は無いと思い就職しましたが、実際には中国への出向がありました。 当初は嫌でしたが、海外にでることで日本本社だけの業務では得られない貴重な体験をすることができ、楽しく中国生活を送ることができました。
このように、実際に経験してみないと分からないことがたくさんあります。
自分には合わないからと思い込んで、一部の業界に固執しすぎずに広い視野でいろいろな企業を見てみることが大切です。