TAKAMAZってどんな会社?

TOP > 企業情報 > TAKAMAZってどんな会社?

TAKAMAZとは?

「お客様に稼ぐ
機械を提供する」
工作機械メーカー

当社は工作機械の製造、販売及びサービス・メンテナンスを主な事業としています。
昭和36年に設立して以来、
「お客様に稼ぐ機械を提供する」をモットーに技術向上に努め、
現在では国内外問わず多くのお客様に当社の機械をご利用いただいています。

優れた生産設備

「優れた製品は優れた設備と環境から」をモットーに、国内外の最新のマザーマシンが稼働しています。

70年以上の歴史

TAKAMAZ のはじまりは、1948年9月、髙松喜一が個人経営にて高松鉄工所を設立したことまでさかのぼります。

世界にまたがる拠点

拠点は日本国内にとどまらず、世界各国に。
世界規模でものづくりを支える事業を展開しています。

力製品「工作機械」とは?
工作機械はモノづくりのための機械
工作機械とは主に金属の塊に穴をあけたり、削ったりして部品を作る機械のことです。その用途によって様々な種類がありますが、工作機械は機械を作るための部品も削っていることから「機械を作る機械」、「マザーマシン」と呼ばれ、モノづくりの現場において欠かせない役割を担っています。
工作機械の中でも
高精度な加工に特化したCNC旋盤
工作機械の中でも当社はCNC旋盤を製造しています。旋盤とは回転させた工作物に刃物を当てて余分な部分を削り落とす加工を行う工作機械の一種で、これにコンピュータを取り付けたものがCNC旋盤です。刃物の動きをコンピュータでコントロールすることで、1,000分の1ミリ単位の高精度な加工を行います。
CNC旋盤とは
旋盤とは、基本的に回転する円筒状の工作物に刃物をあてて切削する機械です。こけし製作の感じに似ています。旋盤の中でも、刃物の位置などをコンピュータ制御で動かして切削していく旋盤をCNC旋盤といいます。CNCとはComputerizd Numerical Controlの略で、値と符号で構成した”数値情報”で機械を自動制御する事をいいます。CNC旋盤は自動車、家電に代表するあらゆる産業の製造工程において必須のものです。コンピュータ制御によるミクロン単位の加工精度を誇り、日本のCNC旋盤は世界のトップシェアを占めています。正確に削られた部品で構成される製品は、市場において競争力を備えることにより、多くの利潤を生み出します。CNC旋盤は製品レベルのみならず、経済をも根底から支えています。
TAKAMAZの強み
自動化技術を組み合わせた、
お客様仕様の生産ラインを提供
当社では手作業工程を自動化させるため、
旋盤に自社開発の周辺装置を取り付けたものや、
数台を連結したお客様仕様の生産ラインを提供しています。
他社にはあまりない、自社で開発された周辺装置を用いることで、
より細かいニーズに対応できることから、
当社の生産ラインはお客様から高い評価を得ています。
2台連結生産ライン
ローダ
加工素材の搬送を行う装置
洗浄装置
加工素材の切削加工後、自動で洗浄を行う装置
ストッカ
加工素材や削った部品を収納するための装置
チップコンベア
加工素材を削るときに出る切削くずを機外へ出す装置
要顧客は大手自動車メーカ各社
モノづくりの現場に欠かせない工作機械ですが、
当社のCNC旋盤は自動車関連部品を製造するお客様に多くご利用いただいています。
TAKAMAZの製品によって切削・加工された部品は自動車のエンジンやミッション、
足回りなど幅広く使用されています。
業種別工作機械受注先
加工された部品の使用例
納入先例
株式会社SUBARU、株式会社デンソー、
ダイハツ工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、
日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、
マツダ株式会社、三菱電機株式会社など
その他加工事例
家電製品・航空機関連・医療機器など
社長あいさつ
会社概要
沿革
組織図
環境方針
拠点紹介
TAKAMAZって
どんな会社?
事業内容
T-news