事業内容
TOP > 企業情報 > 事業内容

CNC旋盤・周辺装置の製造・販売及び
サービス・メンテナンス

世界最小クラスの6インチチャッカーや女性の作業者でも操作しやすい新興国向けマシンなど、「かゆい所に手が届く」TAKAMAZの製品は、国内外を問わずさまざまな分野で活躍しています。また他のメーカに先駆けて自動化に取り組んできた当社は、ロボットや計測・洗浄・箱詰めなどの周辺装置も自社で開発し、生産ライン全体を構築できるカスタマイズ技術を強みとしています。さらにオリジナルのコレットチャックも生産しており、受注から製造、アフターフォローまで一貫して担当。すべてをオリジナルで提供している企業は非常に珍しく、細かなニーズに対応した高品質・高精度なTAKAMAZ製品は、お客様から高い信頼をいただいています。

コレットチャック

一般にチャックとは、主軸に工作物を取り付ける際に使用する、主軸の手のようなものです。その中でも特定の太さの棒材をつかむことができ、ワンタッチで段取替えできるものをコレットチャックといいます。当社では、一般的な丸いコレットチャックだけでなく、異型物を把握できる特殊なコレットも製造し、差別化を図っています。

自動車部品加工

TAKAMAZは自動車部品加工にも進出。自社製品で構築した自動化ラインでエンジンの部品である「スタータハウジング」や「エンドフレーム」を製造し、近年ではエアコンの圧力センサの部品加工も行っています。受注から出荷まで一貫した生産体制と、徹底した品質・納期管理により、お客様のご要望に沿った製品の提供に努めています。(生産工場は、石川県とタイにあります)

IT関連製造装置

工作機械や自動車部品加工と並ぶ経営の柱を築こうと、TAKAMAZはIT関連分野事業を積極的に推進しています。開発センターでは環境条件や空気清浄度を徹底管理するクリーンルームを設け、液晶や半導体などに関係する製造装置やFPC基板用装置、ガラス加工用装置等を生産しています。近年はライフサイエンス事業も展開し、新たな社会 価値創造に向けさまざまな研究を行っています。

その他の事業

旋盤・自動搬送装置の製造分野で培った技術とノウハウを盛り込み、ぎんなんの殻割りと、殻と実の分離機能を備えた自動機と半自動機を世界で初めて開発。にんにくの自動薄皮剥き機や、塊をほぐすほろ割機も高評価をいただいています。将来の構想の一つとして産業用ロボットの知見を生かした食品盛り付け機等も見据えながら、生産者や加工業者の負担軽減や効率化につながるさまざまな機械を生み出していきます。

社長あいさつ
会社概要
沿革
組織図
環境方針
拠点紹介
TAKAMAZって
どんな会社?
事業内容
T-news