FAQ

TOP > 株主・投資家情報 > FAQ

会社が設立されたのはいつですか?

1961年7月1日に高松鉄工所代表者の高松喜一が、高松機械工業株式会社として改組資本金300万円で設立しました。

高松機械工業株式会社はどこに上場しているのですか?

高松機械工業株式会社の普通株式は、東京証券取引所市場第二部に上場しています。

証券コードは何番ですか?

機械の部に属し「6155高松機械」となっています。

高松機械工業株式会社の決算期と株主総会はいつですか?

高松機械工業株式会社の決算期は3月31日です。定時株主総会は毎年6月に開催しています。

株式に関する手続きはどこですればいいのですか?

証券会社に株式をお預けの株主様については、証券会社でのお手続きをお願いいたします。証券会社にお預けでない株主様につきましては、当社の株主名簿管理人である三井住友信託銀行に特別口座を開設しておりますので、下記ご照会先にご連絡下さい。
〒168-0063
東京都杉並区和泉2丁目8番4号
三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
(ご照会先)0120-782-031(受付時間 土・日・祝祭日を除く 9時~17時)
(インターネットURL)http://www.smtb.jp/personal/agency/index.html

公告掲載新聞は何ですか?

高松機械工業の公告方法は、電子公告であり、当HP上に掲載しております。ただし、電子公告を行うことができない事故その他のやむを得ない事由が生じた時は、日本経済新聞に掲載して公告します。

株価についてどうお考えですか?

株価というのは当社が判断するものではなく、基本的には当社の業績、将来性等に基づき、投資家が判断するものですから、株主尊重の立場から、積極的にIR活動等を行い投資家に会社の状況を開示し、適切に評価してもらうことが重要だと考えています。

工作機械業界は、メーカーも多く、大変厳しい競争があると聞いております。そういった厳しい業界にあって、高松機械工業株式会社とその強みは何ですか?

高松機械工業株式会社は、小型の旋盤メーカーで、主力商品も小型CNC旋盤です。世間一般では、各種加工部品の約70%が小物部品といわれていることから、小型旋盤が関わる領域が大変広いことが先ずあげられます。そういった中にあって、当社の機械は、剛性を設計思想の中心に据えて開発されたため、小型であるが力が強く、鉄素材を量産加工する自動車関連の部品加工に適し、多くの工場で使用されております。また、当社の製品は「稼ぐ機械」をテーマとしており、単に機械本体の優れた性能だけでなく、自動化ニーズに対応した周辺機器(ロボット・搬送装置)も一貫生産し、使いやすく、「稼ぐ」システムとしてユーザに提供し、リピートオーダが90%を超えていることからも、当社製品に対する高い信頼が証明されています。

高松機械工業株式会社は、自動車関連産業に強いメーカーとの定評がありますが、いままでの主な納入先を教えていただけますか?

確かに高松機械工業株式会社は、主に自動車関連産業などの量産加工を行う先をお得意さまとしております。
いままでにお納めした主なお客様は次の通りです。(順不同、敬称略)

・いすゞ自動車株式会社
・川崎重工業株式会社
・マツダ株式会社
・株式会社SUBARU
・ダイハツ工業株式会社
・三菱自動車工業株式会社
・株式会社ジェイテクト
・トヨタ自動車株式会社
・三菱重工業株式会社
・株式会社デンソー
・日産自動車株式会社
・三菱電機株式会社
・株式会社豊田自動織機
・本田技研工業株式会社
・ヤマハ株式会社
中期経営計画
コーポレートガバナンス
業績データ
株式情報
株主総会
IRカレンダー
IRライブラリ
FAQ