コーポレートガバナンス

TOP > 株主・投資家情報 > コーポレートガバナンス

基本的な考え方

当社は、持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上をはかるとともに、株主をはじめとするすべてのステークホルダーから信頼され、魅力ある企業となるべく、以下に掲げる基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの充実に取り組みます。

  1. (1)株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
  2. (2)株主を含むステークホルダーとの良好な関係構築に協働する。
  3. (3)会社情報を適切に開示し、平等性を確保する。
  4. (4)経営監督機能として、監査役会設置会社形態を採用する。また、複数の独立社外取締役を設置し、経営の透明性・健全性を確保するとともに、社外取締役・社外監査役が過半数を占める経営諮問委員会を設置することで、実効性の高いコーポレートガバナンスを実現する。
  5. (5)本基本方針下で行う内部統制の仕組みとして、「業務の適正を確保するために必要な体制」及び「財務報告に係る内部統制の整備・運用及び評価の基本方針書」を定め、これを有効に機能させる。

コーポレートガバナンス体制

当社の取締役会は11名で構成されており、うち2名が社外取締役です。社外取締役の採用によって、経営に多様な視点を取り入れること及び客観的な立場による監督をはかっています。経営状態の管理監督や重要事項を決定する取締役会は、毎月定例的に開催しているほか、随時取締役会を開催可能な体制を構築しており、必要時に即座に取締役会を開催し、スピード経営を実施しています。当社の経営監督機能といたしましては、監査役制度を採用しており、その構成は常勤監査役1名を含む3名体制(うち社外監査役2名)です。
なお、当社は、役員候補者選任基準を定めており、同基準に従って事業の発展に貢献できる人物を指名します。独立社外取締役及び独立社外監査役の指名に当たっては、社外役員の独立性に関する基準を定めており、同基準に従って指名します。
また、取締役会の諮問機関として社外役員が過半数を占める経営諮問員会を設置しており、役員の指名および報酬の決定に関する手続きの客観性および透明性を確保をはかっています。

体制図

中期経営計画
コーポレートガバナンス
業績データ
株式情報
株主総会
IRカレンダー
IRライブラリ
FAQ