自動化のニーズに対応
ローダハンド
新たにガントリーローダを搭載可能とすることで、フランジワークのフレキシブルな自動化ライン構成を可能とします。
大径バー材加工が可能
従来機に比べ、第1主軸の貫通穴径を拡大したことに加え、モータ出力アップにより加工能力を向上、大径バー材などへの重切削に対応が可能です。(第1主軸最大棒材径φ51mm モータ出力18.5/15/11kW 従来機比:主軸加減速時間13%短縮、切削断面積50%向上)。
ツーリングの自由度向上
旋削工具はタレットハーフインデックスにより最大48本、回転工具は最大24本の取り付けが可能です。また、新たなグローバルスタンダードであるボルトマウント方式(BMT45)を採用。種類豊富なツーリングにより、お客様の生産形態に合わせた加工を実現します。
多品種小ロット生産のためのメンテナンス性・段取り性の向上
機械本体のスライドスラント角度を60°にして傾斜をつけたことで、切粉のハケと切粉滞留の抑制・メンテナンス性を向上させています。その他、機械前面から作業者の主軸への寄付き性を上げ、段取り作業の軽減に寄与します。