高松機械工業株式会社

TAKAMAZ 50th Anniversary
English
サイトマップ
採用情報
IR情報 中期経営計画 オレンジライン
中期計画2018
当社グループは、平成28年度を初年度とする3ヵ年の新中期経営計画「中期計画2018」を策定しました。売上高の成長と収益性の改善を通じた企業価値の向上を課題とし、経営数値目標を達成すべく階層別の戦略を実施していきます。

中期計画2018の業績目標 経営数値目標
中期計画2018の業績目標グラフ
経営数値目標


事業・機能別戦略
全社戦略
事業領域については、引き続き工作機械、IT関連製造装置、自動車部品加工の3事業を展開します。工作機械事業において、将来の成長の種まきとして、現有の経営資源を活用しつつ、ロボットエンジニアリング等の新規事業の育成に取り組みます。

事業・機能別戦略
工作機械事業
コアビジネスとして、さらなる事業規模の拡大と収益性の改善を課題とし、5つの方向性に基づいた施策を実施していきます。
  ①国内需要の確保
  ②海外展開の推進
  ③営業活動の改善と効率化
  ④付加価値のある製品の開発
  ⑤生産体制の合理化

IT関連製造装置事業
継続的な収益性の改善を課題とし、2つの方向性に基づいた施策を実施していきます。
  ①新規取引先の開拓
  ②営業力の強化

自動車部品加工事業
将来の事業規模拡大と収益性の改善課題とし、2つの方向性に基づいた施策を実施していきます。
  ①新規取引先の開拓
  ②生産能力の増強

コーポレート機能
事業戦略の遂行をサポートするため、2つの方向性に基づいた施策を実施していきます。
  ①人事育成の強化
  ②ITの活用