活動報告

TOP > サステナビリティ > 人と地球に優しい「モノづくり」を通して持続可能な社会を目指す

人と地球に優しい「モノづくり」を通して持続可能な社会を目指す

「あさひ工場」に井水を利用した空調システムを導入

当社のフラッグシップ・ファクトリー(旗艦工場)として2022年4月に操業を開始したあさひ工場では、井水を利用した先進的省エネ空調システム「プレクール/プレヒートシステム」を導入しています。
通年で温度が安定している井水を活用した空調設備システムは、夏季は予冷効果、冬季は予熱効果が得られるため、冷暖房にかかる電気の使用量を大幅に削減することができます。

 

製品のレトロフィット・オーバーホール対応による資源の有効活用

当社では、TAKAMAZ製品のレトロフィットやオーバーホールも行っています。
長年お使いいただいた機械を新品同様に蘇らせることで、まだ使える機械を無駄なく活用することができます。
レトロフィットやオーバーホールには、定年後の再雇用社員も活躍しており、熟練の技を業務に活かすことで、顧客満足度の向上にも努めています。

 

「あさひ工場」にBEVを導入

2022年4月に操業を開始したあさひ工場から本社工場に移動する際には、環境に配慮した2台のBEV(バッテリー式電気自動車)を活用しています。
あさひ工場には充電スポットもあり、お客さまにも充電していただけます。

 

省エネ・省スペース製品の開発

ものづくりの現場においては、環境性能の重要度が高まっており、工場のスペース効率向上や省エネルギー化を目的とした、「工作機械の小形化」が求められています。当社は、高い技術力を活かして、工作機械の加工能力や機械剛性を維持しながら省エネ・省スペースを実現する機械を開発・販売し、お客様の好評を得ています。
過去には、当社の省エネ・環境に配慮した機械が「いしかわエコデザイン賞」や「優秀省エネルギー機器表彰日本機械工業連合会会長賞」を受賞した実績があります。

 

ISO 品質/ 環境の認証維持 

当社は、品質管理の国際規格「ISO9001」の認証を取得し、顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善に努めています。また、環境管理の国際規格である「ISO14001」の認証も同様に取得し、規格に基づいた環境マネジメントシステム(EMS)を運用しています。
今後も規格の認証を維持し、品質の維持・改善管理及び社会の環境保全活動に寄与できるよう努めていく方針です。

 

グリーンビズによる屋上緑化

本社工場の屋上には、「グリーンビズ」を活用した屋上庭園を設けています。
屋上庭園へは社員が自由に出入りでき、憩いの場になっています。本社工場では屋上緑化だけでなく、照明のLED化や省エネ性の高いエアコンの導入など、省エネや地球温暖化防止にも取り組んでいます。

※グリーンビズとは、リサイクル可能なエコ素材である「保水セラミックスパネル」に植物を組み合わせた緑化システムです。ヒートアイランド現象の抑制やCO2の削減などに効果を発揮します。

 

森林保全活動

森林は木材・水等の供給、土砂災害等の防止など多様な機能を発揮しつつ、私たちの暮らしを支え守る財産です。当社は「(公社)石川の森づくり推進協会」の理念に賛同し、会員として、地域の植樹・育樹などの活動に参加しています。

 

輸出管理の徹底による製品の平和利用促進

当社では、代表取締役社長を最高責任者とする「安全保障貿易管理委員会」を設置し、当社製品が大量破壊兵器や通常兵器の開発、製造に関与しない取り組みを行っています。
また、安全保障貿易管理に関する内部規定(コンプライアンスプログラム)を制定し、取引審査・該非判定等の外為法遵守に努めています。