ニュース

イベント
2021.09.01

メカトロテックジャパン2021 出展のご案内

名 称 : メカトロテックジャパン2021
会 期 : 2021年10月20日(水)~10月23日(土)の4日間
開場時間 : 10:00~17:00        10月22日(金)は 18:00まで 最終日23日(土)は16:00まで
会 場 : ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

https://mect-japan.com/2021/

事前来場登録・入場証発行  (受け付けは9月1日(水)から開始します)

TAKAMAZの会場では、徹底した新型コロナ感染対策を実施します。
-製品オペレータは、フェイスマスクを着用
-出入り口及び会場数ヶ所に消毒液を設置
-商談スペースと受付に 飛沫防止シート 設置

新たな生産形態を提案

EV時代の到来により、これまで以上に部品生産の効率化と省人化・自動化のニーズがます ます高まっています。今回のTAKAMAZブースでは、EV主要部品を想定したデモ加工のご 提案をはじめ、新生産形態として、1台に3つの主軸を搭載した量産型ニューモデル【XV- 3】や既存の設備や標準機に後付け可能な自動化パッケージもご紹介します。

 

 

出展機種予定

「稼ぐロボットシステム」でお悩み解消!

6インチ 1スピンドル1タレット精密旋盤  XT-6M

昨今のコロナ禍により人手不足に拍車がかかり、生産現場ではさらなる自動化が求められています。
そこで、次の特徴を満たした自動化周辺装置をご紹介します。

〇容易なセットアップ

ロボットとワーク収納トレーが
一体構造になっていますので、
機械の前に置くだけで位置決め完了です。
イラストのような標準機やコンパクトローダのIn/OUTコンベアにも連結可能です。

〇ニーズに応じ付加価値搭載

ストッカ装置のほかに、洗浄、切屑除去、計測、
3Dビジョンセンサ搭載も選択できます。

〇稼動状況監視

ワークストック状況→旋盤本体→IoT管理で
スマホやPCにお知らせします。

〇ガントリローダよりも安価に

ワンパッケージにより低価格を追求しました。
移動可能なので必要な時に必要な場所で自動化が
出来ます。

倒立形精密旋盤  XV-3 実演加工

XV-3 は、1台に3つのスピンドルを搭載した倒立形CNC旋盤です。 走行型の搬送装置へ、主軸自体が移動してワークの受渡しをするセルフローディ ング構造。

 

・XV-3    詳細ページ 

8インチ 1スピンドル1タレット精密旋盤  XT-8MY 実演加工

「XT―8MY」は、ミーリング機能とY軸を追加搭載することで工程集約ができ る強みを生かし、EV用の部品に向けてシャフトの複合加工向けなどに提案している。

 

・XT-8MY    詳細ページ 

汎用旋盤 Ecoca SJ460×1000G

生産現場に必要不可欠な汎用旋盤

時代は変われど、生産現場や教育の場で必要とされるのが、汎用旋盤です。 当社では、ECOCA社製(Feelerブランド)の汎用旋盤(SJ series)を取り揃えています。短納 期低価格はもとより、保守サービスは、TAKAMAZのネットワークで万全の体制でサポート します。

Ecoca SJ460×1000G   詳細ページ

 

シャフト生産の最大効率化 EMAG VT2-4 実演加工

加工時間短縮・生産性向上を実現

工程集約・時間短縮をコンセプトとしたEMAG技術を披露。 1スピンドル2タレットのシャフト加工機は、タレットに付属した グリッパーが、直接ワークのローディング、アンローディングを行い、 両端面・両センター加工と旋盤・ミーリング加工も一工程で完遂。 高剛性・高出力の機械は半自動化を達成し、従来の技術では考えられ なかったプロセスを本機が実現する。

 

※画像をクリックすると拡大します

EMAG VT2-4    詳細ページ